レンタルドレスは衣類が増えないのも魅力的なポイント

結婚式や二次会、謝恩会や発表会などの特別な場の装いとして着用するドレスですが、ドレスには大きく分けてセミフォーマル、インフォーマル、スマートカジュアルもしくはスマートエレガンスの3タイプがあり、出席する場に合わせたドレスを着用することになります。TPOに合わせたドレスをその都度購入となると出費も大きいですし、たった一度のためにと購入をためらう人も多いと思います。その時に役立つサービスがレンタルです。ドレスのレンタル方法には店舗と通販があり、近隣にレンタルドレスの店舗がない地域でも、通販を利用することで手軽に借りられます。ドレス選びに悩んだ時もドレスのことをよく理解しているお店の方がアドバイスをしてくれます。店舗に行けず試着ができなくても、事前に郵送試着ができるサービスもあるので、サイズに不安を感じる方も心配なくレンタルができます。

購入とレンタルのメリットとデメリットについて知る

ここではドレスを購入した場合とレンタルした場合のメリットとデメリットについて考えていきます。まずは購入のメリットとして挙げられる点が新品を着用でき、自分のものになるので着回しができれば、幾通りの着こなしができます。また、レンタルに関わる一切の手間がないことです。逆にデメリットとして挙げられる点は金額がかかってしまうこと、クリーニング代などメンテナンスの料金が必要になってくることがあります。ではレンタルの場合を見ていきます。レンタルのメリットは金額がお安く済み、クリーニング費用はかかりません。また、デザインも都度新しいものを取り揃えているので、デザインに飽きることはありませんし、体型に左右されることもありません。デメリットはクリーニング後なのできれいですが、新品ではないこと、期間内に返送などの手続きが必要なことが挙げられます。

ドレスをレンタルすると、クローゼットもすっきり

ドレスを購入すると自分で保管することになります。ドレスは素材が繊細なものや、装飾が施されているものが多く、扱いが悪いと破れたり装飾が取れたりしてしまいます。いい状態を保つためにも適切なクリーニング、適切な保管場所は必須となります。おまけに着用する機会が少ないドレスはタンスの肥やしになりかねません。クローゼットの収納力にもよりますが、あまり収納力がないクローゼットの場合は普段着の保管に加えて頻繁に着用しないドレスを保管するのは得策といえません。ドレスをレンタルすれば、必要に応じてドレスを手にできるので収納方法、保管場所に頭を悩ませることはありません。ドレスをレンタルすることは、スペースを省けるだけではなく保管に関する手間も省くことができるので利便性が高いといえます。